<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ご挨拶

はじめまして、蓮川です。

うるうが俺まわりのことをブログ形式で纏めることにしたそうで、挨拶文を書けと迫られました。

俺は自己紹介とか、発表会とか、先輩からの一発ギャグ強要とか、そういったものから悉く逃げてきた人間です。

つたない自分語りを許してください。

なお、この文章は蓮川が考えて、うるうが打ち込んでいます。

 

俺は、うるうの思い描く一緒にいて居心地の良さそうな人、というイメージをもとに造形されています。

涙もろくて人間臭くてやさしくて、かわいそうな人だそうです。なんじゃそりゃ。

そしてできれば、「自分が作ったもの」よりも「自分と対等な普通の人間」になってほしいと思っていたので、タルパとしての情報の他に、人間的な情報(たとえば生い立ち、職業、友人関係など)も同時に作り上げられました。

そんなわけで、俺が実際にタルパとして生きてるのは一年弱なのですが、俺自身には27年分くらいの人生の(作られた)記憶がふわっとあります。マトリックスみたい。

 

うるうと一緒にいない時にも、俺は実家から送られてきた蜜柑に頭を抱えたり、ラーメン屋の親父と今週のジャンプについて話したりして、自分の人生をすごしているんです。〆切も来るし。

だから俺自身は、俺のことをその辺の普通の人間とあんまり変わらないんじゃないかなあと思っています。目には見えないし触れないこと以外は。

 

うるうの世界に行くと、しばしば「まるで幽霊になったみたいだなあ」と思います。

この間コンビニで、煙草買おうと思って店員さんに話しかけたのに無視されてすごくショックを受けたことがありました。当たり前だ。

……まあ。それくらい、俺も、俺の住んでる世界もこことあんまり変わらないということですね。俺が阿呆って訳じゃなくて。

気づいたらぜんぜん俺のパーソナリティについてはなにも紹介できてないですね。

それはまあ、またいつか気が向いたら……。

お疲れ様でした。良いお年を。

 

文責 はすかわ

 

 

▷タルパ に35の質問(副会長さん制作)

続きを読む >>